So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

再びの愛希シシィに感激!「エリザベート」8/16ソワレ [ミュージカル]

6/8のちゃぴ帝劇デビュー「エリザベート」愛希古川ペア初日以来2回目の愛希シシィ回を観劇しました。
65AE933F-AB85-4D8A-954D-2CC14989196E.jpeg
8/16ソワレ。
プレイガイド先行で取れたS席、なんとトート様が婚礼の儀に歩く通路脇席でした。
776A04C4-2C07-4DF5-907C-1EF89DBF9F7D.jpeg
「エリザベート」観劇6回目となります。
愛希シシィ2回目で、久しぶりなのでたいへん楽しみにしていましたところ、、、

すごい!!、、、

少女時代の天真爛漫な笑顔、鏡の間での凛とした横顔、ルドルフを拒絶した虚ろな瞳、、、、
どのシシィも素晴らしく、
そして
「夜のボート」での田代フランツとの場面は、自然に涙が頬を伝ってきました。
すごいです、深化し、そして、愛希シシィを神化させました。
そして古川トートも、感情を表情に出しつつもどこか無機質なもののような、真に感情などないような、そんな新しい彼なりの新生トートを作り上げていました。
0E537E85-2C3E-4928-B41E-0CF639D89584.jpeg
ダブルキャストやトリプルキャストは、それぞれを比べてどちらかが良いと評価するのではなく、
それぞれを、その当人比で評価したいですね。

愛希古川ペア、とても良かったです。

いよいよ私の「エリザベート」観劇も残すところあと2回。

花總古川ペアのラスト公演と、愛希古川ペアの前楽公演が残るのみです。



nice!(16) 
共通テーマ:演劇

涙!雪組「壬生義士伝」8/15マチネ [宝塚]

家庭の事情により暫く観劇も無く、更新が滞っていました。
久しぶりの日比谷!
80762698-5413-452A-9503-02EEE2E0180A.jpeg
お盆の日比谷はいつもより静かでした。
34DCCD8D-CFD6-4908-BE12-0519BD158C33.jpeg
雪組「壬生義士伝」8/15マチネ。
A席2階ほぼセンター。
よく見渡せるお席でした。
A席5500円、コスパ良すぎです(特に雪組はおトク感有り)
F51CEF4C-5D8E-4275-92FB-9F009CF9B8F3.jpeg
まず、オープニングがかっこよかったです。
吉村貫一郎演じる望海風斗さん、時代劇も凛としていて素敵でした。
そして斎藤一演じる朝美絢さん、出番多くてキラリと光る役どころ、魅力的な斎藤一でした。
「FNS歌謡祭」で「U・S・A」を歌って踊ってツィッターで話題だった朝美絢さん、流石です。
ストーリーの一部「?」と感じる部分もありましたが、噂通り泣けました。
5D9C442D-2F4E-453E-9181-A0FF395EE8D0.jpeg
今回は25thグッズ色々買いました。
31053316-76C1-4BB9-B373-19820C55B3EC.jpeg
雪組はやはり見応えがあって、本当に大満足です。
幸いなことに「はばたけ黄金の翼よ」のチケットが取れて(^^)たいへん楽しみです。
324B58BE-3E63-461C-B226-8C6230CFDAD5.jpeg
花組もS席取れてます!
これも楽しみ。
52B3B7C8-E05F-4156-ACD4-FAF6543809BE.jpeg
あとはまだ取れてません。。

観劇するとエネルギーチャージ出来ますね。夏バテ気味の身体に力が湧いてきました(笑)


nice!(13) 
共通テーマ:演劇

1階最前列!「エリザベート」7/30マチネ [ミュージカル]

私にとっては今期最高の神席となりました。
0B6D5D6E-F360-4204-910B-936118769EDB.jpeg
「エリザベート」7/30マチネ。
ファンクラブ購入、1階A列上手側。
「ミルク」では市民の皆様(笑)が前を通り、トート様やルキーニ様が間近にいらっしゃいました。
ルキーニ様からグッズはもらえませんでしたが見つめられた気がします(笑)
A74E45E3-A73B-4DBE-AEA9-AA58AD6F57A2.jpeg
今期初の木村ルドルフ、
なんとか国を救いたいとの使命感に燃える若者、というルドルフでした。
ルドルフといえば「いささかひ弱」、、、というイメージでしたが、ちょっとしっかりしてるルドルフでしたね。なかなかそれはそれで良いと感じました。新キャストはこうして新鮮な風を吹かせてくれますね。
お顔も凛々しく、楽しみなルドルフです。
D40078BB-8C6D-4A0B-A19D-77531711CE91.jpeg
古川トート、俺様感と貫禄が出てきて、見応えありました。
頑張ってるなー。頑張ってー。
と、ファンからの声援です。笑

山崎ルキーニ、トートからのナイフを受け取りそこねました。
受け取りそこねたの、初めて見ました。
真っ直ぐ落ちてくるのにどうした?
、、、と心のなかで突っ込みました。
たまにはそんなハプニングも良いですね。

座席運は天に任せるしかありませんし、1階最前列なんてなかなか当たるものではありませんが

またいつか当たるといいなぁ。。。
かなり色々な発見があり、また、細かいところまで楽しめました(^^)



nice!(20) 
共通テーマ:演劇

重厚な存在感!井上トート「エリザベート」東宝貸切7/28マチネ [ミュージカル]

台風接近の予報で心配していましたが
B679F853-27EB-47D5-9632-168041F4AE40.jpeg
「エリザベート」東宝貸切公演
7/28マチネ、観劇出来ました。東宝ナビザーブ購入、S席2階B列下手側。
521280DF-C2CC-4355-8893-7EAFDD51FF08.jpeg
入場者には特典として本日のキャストの花總エリザベート&井上トートのポストカードが配られました。
430B5598-8021-4D22-8B5A-A10BABD5E7B3.jpeg
今期初の井上トート、山崎ルキーニ。
どちらも再演キャストということもありますが、流石!という存在感でした。
井上トートは、登場シーンから圧倒的な存在感で、声量ある歌にも聴き惚れました。
クールで少しゾクッとするような怖さを感じる黄泉の帝王でした。
080ABC47-68C6-4D5B-8D0B-AB706162E097.jpeg
山崎ルキーニも、いい声してますよねぇ。
ちょっと愛嬌があって少し憎めないルキーニ、「ミルク」のシーンが最高に憎めない(笑)

カテコでは花總エリザベートと井上トートからご挨拶がありました。
東宝貸切公演というのは今年から始まったもので、第1回目は「レミゼラブル」で「エリザベート」は2回目となります。
井上トートは第1回目ではなかったことでたいへん残念がってました(笑)

67B01F1B-867E-4DDC-BFED-7CEA4633E59B.jpeg
日比谷シャンテでチケットホルダープレゼントのイベントが実施されているのですが
チケットホルダーをゲットするのにかなり投資しないといけない感じです。
8A168B7C-3638-40BC-A5F6-1CA53854AB99.jpeg
欲しい気もするんですが、、、。
まだまだ通うので一度シャンテに行ってみようかしらと思います。

私は今日で「エリザベート」観劇4回目ですが、ずっと下手側でした。

次回は上手側なので、たいへん楽しみです。上手側からの観劇を堪能したいと思います。



nice!(20) 
共通テーマ:演劇

大我ルドルフの微笑「エリザベート」7/19ソワレ [ミュージカル]

半月ぶりの「エリザベート」。
76D43249-7E66-48CA-B301-D7855C48297E.jpeg
今期3回目。
7/19ソワレ、ファンクラブ購入S席2階E列下手側。
今期初のS席ですが、S席と言っても2階のS席最後列で、しかも下手側端っこの方。。。段差があっても前例に座高の高い方がいて舞台のほぼ中央は全く見えませんでした。
古川トートと大我ルドルフの「やみひろ」、古川トートが大我ルドルフに迫り大我ルドルフが後ずさりする場面、すっごく楽しみにしていましたが2人一緒に見えず、片方のみ。
列じゃなくてセンターやサブセンター、サイド、等で席ランク変えてほしいですね。2階の場合前方であってもサイドはS席レベルじゃないです。
前回の席位置、1階A席のほうがずっと観やすかったです。

F2B3E772-035C-44F1-AA88-EFFA71408F03.jpeg
今朝初は京本大我ルドルフ、剣幸ゾフィー、加藤憲史郎少年ルドルフ。
大我ルドルフは、古川トートの息子に見えなくもない美しさ。
孤独な少年時代を過ごし成長したルドルフそのものでした。
死ぬ前のあの微笑、素晴らしかったです。ルドルフの死に嘆くエリザベートが「私たちは鏡うつし」という歌にリンクして、トートに「連れて行って」と言い微笑み死に行くエリザベートにその微笑が重なるのです。
花總エリザベートと大我ルドルフ、王道の母子ですね。
CED3E527-A968-4577-97E2-D50463CAA3E7.jpeg
公演半ばとなり、古川トートもトートが身体に馴染んで住みついてきているように感じました。
幕間のトイレ行列で、
「あのトートは帝王じゃないわよね、普通のひとよ」と大声で話しているおばさまたちがいましたが
E10E3CCC-0467-4308-B0BD-5AA726F904A6.jpeg
劇場を出てからならまだしも、たくさん周りに観劇客がいる幕間に、ヒソヒソ話にもせず大声でその日のキャストを貶めるような発言は、悲しいマナー違反です。
ダブルキャストトリプルキャストになっている役は、とかく比較されます。
E67E5F90-7311-4193-8B1E-D43AC36F3CB1.jpeg
今期トートは今期で2度目のトートで歌唱力に定評ある井上芳雄さんです。
井上トートは次回観ますが観なくてもほぼ想像つくくらい安定した井上芳雄像というのが私にはあります。
そんな井上トートとダブルキャストになった古川雄大くんをどうして応援しようとしないのでしょう。
今回のソワレで感じましたが、トートは「黄泉の帝王」と呼ばれてはいるものの、いわゆる「帝王感」って必要なのかと。
トートは死の象徴であり、また、エリザベートの分身とも言えるのではないかと思います。
BD7C43ED-A1A3-4705-9DD8-5FEE6E0EDA09.jpeg
我儘で自由奔放なエリザベートは常に甘美な死を感じながら生を彷徨っていた。
我が身を死へと誘うトートに、我が身を任せても良いと感じる無機質な美しさ冷酷さを感じていたのではないでしょうか。

王道のキャストには安定の満足感を得られますが、新しいキャストは、それまでの固定観念を打ち破るフレッシュな風を吹かせてくれます。
そして、それが「エリザベート」に限らず舞台には必要だと思います。

新しいキャストに愛を。
見守る愛をぜひ、観劇する方々にお願いしたいです。

今期新エリザベートの愛希れいかさんのこともいつか書きます、彼女も素晴らしい風を吹かせてくれています。



nice!(24) 
共通テーマ:演劇

ルーシー特別出演「王様と私」7/15マチネ [ミュージカル]

東急シアターオーブにて7/11に開幕した
F0FED7DE-8D7B-43AE-8EE0-438E54076956.jpeg
「王様と私」!
連休最終日7/15マチネ、観劇しました。
ブロードウェイ公演でトニー賞ミュージカル部門助演女優賞を受賞した
1E4E4A95-D65F-4E3D-B4FC-0350E823C1D3.jpeg
ルーシー・アン・マイルズさんが初日から7/15までチャン夫人役を演じることになり、彼女の出演最終日に偶然観劇することができたのはラッキーでした。
FD6535A8-E99D-43D2-8B7F-FEED0B2439CD.jpeg
1階前方SS見切席。
見え方が心配でしたが、特に見えにくさは感じませんでした。オペラグラスも必要なく、前方席で良かったと思いました。
7AFD9828-D452-4239-9F34-4AA740037828.jpeg
ユルブリンナーの映画で予習しておいたので、字幕もあまりみなくても大丈夫でした。
6E88917F-1192-4740-AE1A-FB85044F9168.jpeg
渡辺謙さんの王様、想像以上に魅力的な王様でした。
そしてケリー・オハラさんのアンナ、知的で時に毅然と時に優しく、細やかな演技と深く沁み渡る歌声、素晴らしかったです。
4C95FBF3-ECD0-40C5-AF95-23EABC1882D0.jpeg
チャン夫人のルーシーさん、タプティムのキャム・クナリーさんもそれぞれ素晴らしい歌声でした。
大沢たかおさんも、クララホム首相を好演していました。
07F1A36E-326E-4C85-A636-5A2FAEE7FAE5.jpeg
楽しみにしていた「shall we dance?」の場面は本当に良かった!
王様とアンナの心が通ったのも束の間、悲しい展開に。
でも、希望に溢れた最後に感動。
カーテンコールでは、特別出演してくれたルーシーを労うように渡辺謙さんが彼女をハグしていました。

ところで!
とても大満足な公演だったのですが、観劇としては残念なことがありました。
多分ですが、今回は話題の公演なので。普段あまり観劇したことない方も多かったのではと思います。
というのは、残念なマナーの方を複数見かけ、また、被害に遭ったからです。

隣のおじさま、靴を脱いで足を組んで、しかも組んだ足の先が思いっきり私の座席ゾーンに入ってきてビックリ!
いくら梅雨寒時期とはいえ、夏場に靴を脱いで足(しかも裸足!)を他人に向けるなんて非常識ではないですか?
エチケットに反します。不快です。
このおじさま、落ち着きもなくて観劇中にしょっちゅう揺れるし坐り直すし荷物をガサゴソさせるし。。。
気にしないように過ごしましたがホントに災難だったとしか思えません。

東急シアターオーブの座席は座席間にゆとりがあまりないのですが、見渡すと足を組んでたりガニ股で隣の席のゾーンに入っているおじさまがけっこういたんですよねぇ。
あなたの家のソファじゃないんですけど!

また、後ろの列で遅れて入ってきた方は大きな荷物を全く気にせず肩から下げて後ろを通り、その荷物で後頭部をガツンと殴られました。。。
てごたえでぶつかったことがわかるはずですが知らんぷり。

幕間のトイレでは割り込まれました。

とても素敵な公演を観れて大感激した日なのですが
そんな残念な思いもしたのです。






nice!(21) 
共通テーマ:演劇

キャストが皆最高!「恋のヴェネチア狂騒曲」 [舞台]

久しぶりの休日。新国立劇場中劇場、
0E775C0E-9312-49B0-89A9-9AFC18EE8C7F.jpeg
「恋のヴェネチア狂騒曲」7/13マチネ。S席1階7列センターブロック、出演者先行購入。
9FE4BC15-BE88-4BAF-BDC1-E748C59ADDD7.jpeg
疲れた身体に沁みる、笑い溢れる2時間半でした。
主役はムロツヨシさんですが
キャストの皆さんそれぞれが素晴らしく、
みーんな良かった!
760AAD01-D67A-4405-BEEF-6A8AE0878330.jpeg
恋人同士の堤真一さんと吉田羊さんの両方の召使いになったムロツヨシさんの奮闘ぶりが面白かったのはもちろんのこと、
6EE694A5-25A3-453F-8564-B44112C36DF5.jpeg
堤真一さん素敵だなぁ、とか、
吉田羊さんの男装カッコいいなぁ、とか、
高橋克実さんのお約束◯げネタや
高橋さんとからむ浅野和之さんの芸達者ぶりや
期待を裏切らない賀来賢人くんの絶妙な間と振り切れ具合に
やられっぱなしでしたー。

福田さん脚本演出で、ちょっと心配していた気になる下ネタもなく、
もう一度チケットとれるなら観たいと思いました。

疲れているときは笑えるお話がいいですねー。
また明日仕事ですが頑張ります。


nice!(18) 
共通テーマ:演劇

チケットぴあ今度は「ヴァンパイアシート」! [チケット]

また激務でパタパタしており、ブログ更新が滞っていました。
忙しいながらも今年後半の公演のチケット取りは、頑張ってます(^^)
50126BA3-BC95-49D8-9CA4-E6AE1FD9F5DB.jpeg
「ダンスオブヴァンパイア」はセディナ貸切他何日かとれてファンクラブでも申し込み中なのでもう購入はしないのですが本日とりあえずプレイガイドをみてまわりました。
すると「チケットぴあ」に
「ヴァンパイアシート」出現!笑
FBEC57BC-430F-45CE-9284-820CF8053424.jpeg
ランチしながら笑ってしまいました。
「エリザベートシート」は特製チケットホルダー付きでしたが
33EA7354-EFF0-4D99-AD34-44ED1EDCAFB3.jpeg
「ヴァンパイアシート」は特製オリジナルグッズ付きだそうです。
オリジナルグッズってなんでしょう?
気になります。笑。

nice!(17) 
共通テーマ:演劇

自分探しの不思議な世界「ピピン」 [ミュージカル]

「エリザベート」と時期が重なり、チケットを先行では申し込みせず
スケジュール調整後チケット購入した
28612709-9FAC-4D16-BC9A-A334B041B384.jpeg
「ピピン」!
観劇後の知人等の評判が良かったので
なんとかギリギリ、明日が千秋楽という日に観劇出来ました。
53BFA906-B0B7-424C-BF71-480FAE42146C.jpeg
6月29日マチネ、チケットぴあにて購入。A席2階後方センター。
空中ブランコ等アクロバットが見やすくて、2階で良かったかも?
497D79FD-4D9C-4643-9A58-8FF0DCF18F75.jpeg
ピピンを演じた城田優さん、いま帝劇で公演中の「エリザベート」と時期が重なり、麗しのトートにはお会い出来ませんでしたが、
この役を演じて良かったのではと思いました。自分探しをする王子として、時に頼りなく時に切なく、時に逞しく。
伸びやかな歌声とひたむきな演技、とても良かったです。
272C8D1E-B29F-46A9-955D-A3E1812F29A5.jpeg
リーディングプレイヤーのクリスタルケイさんも素晴らしかったし、
前田美波里さんの空中ブランコはただただ感動!
3A70CC46-6E11-4FC6-A8C6-8DE5589C9023.jpeg
自分探しの旅の結末は、、、。
なるほど、と納得の結末。
758C0E09-4D62-481B-9084-90C37455D379.jpeg
「青い鳥」のお話のように、あちこち探し回った幸せの青い鳥は実は身近にいた、ということですね。

明日が千秋楽ということでリピーターさんがあちこちにいて盛り立てていました。
不思議な空間の、最後に考えさせられるミュージカルでした。
観て良かった!


nice!(21) 
共通テーマ:演劇

花の会貸切「エリザベート」6/22マチネ [ミュージカル]

花總まりさんファンクラブの花の会では今期エリザベート公演で7月古川トート、8月井上トートの、2回ファンクラブ貸切日がありまして
9BC0B787-435B-4A2F-9568-A401F52B879A.jpeg
私は6/22マチネ、古川トート回の貸切日に行ってまいりました。
ファンクラブ購入、A席1階V列センター。
FF291437-4867-4999-BE0C-750C30F33A15.jpeg
入場者には花總シシィの団扇がプレゼントされました。
花の会限定の扇子も事前に申し込みしていて、受け取りました。
B5B8EBA2-2DF3-441A-8B88-8297DC55B205.jpeg
扇子は花總さんサイン入りです。
8051FB59-C646-44F7-B669-F558C869C934.jpeg
団扇の裏は、公演日程とロゴ。
2B374997-B052-442D-83E1-EE1F592E8461.jpeg
帝劇をファンクラブ会員で貸切にして満員御礼です、流石です!!
8月の井上トート回の貸切は日程が合わず行けないのが残念です。
6D8CF2F9-82CE-440A-B441-3627A9BBBBA2.jpeg
今期花總シシィ初観劇でした。
やはり花總シシィは素晴らしい!
1幕最後の、自信に満ちた気品溢れるドレス姿、感激しました。
それに、花の会貸切ということもあり、1幕終了して館内に灯りがつくまで、
誰一人席を立とうとせず、皆が余韻に浸っていました。
いつも1幕終了時は灯りがつく前に荷物をカサコソさせ席を立つ準備に入る方々がたくさんいるのですが
花の会素晴らしい!
灯りがついても、トイレ目指して押したり走ったり等する方も見かけず。
皆さんマナーを守って落ち着いていらっしゃいました。
これも感激しました!
65D1E88D-B3FD-4693-951D-001C8447EA2A.jpeg
古川トート、2回目ですが
初日から進化していて、表情から所作、彼なりのトートが形を成してきていました。これからまだまだ進化していくのだと思います。
EC9D342D-B6BE-4EAA-8AA9-CCB274002904.jpeg
私は香寿たつきさんのゾフィ、大好きで。
亡くなる場面は涙が止まりませんでした。
それから田代フランツの、シシィを愛する気持ちがひしひし伝わる細やかな演技、歌、素晴らしかったです。

スペシャルカーテンコールでは、花總まりさんの宝塚退団後の出演作を映像で振り返り(凄く凝ってますね、帝劇に愛されてますね花總さん)
花總さんからご挨拶。

最後は田代フランツが
迎えにきたよー!と、黄泉の国から妻を取り戻しにきました(笑)

花總さんは本当にエリザベートそのものです!
まだまだ続けて欲しいです。


nice!(21) 
共通テーマ:演劇
前の10件 | -