So-net無料ブログ作成
ミュージカル ブログトップ
前の10件 | 次の10件

「マディソン郡の橋」プレビュー初日2/24マチネ [ミュージカル]

本日は北千住シアター1010へ。
12EC84FF-6D3B-4E86-AAAF-66178AD2C6C6.jpeg
「マディソン郡の橋」プレビュー初日公演を観劇しました。
ツタヤで映画版を観て予習しておきましたのでストーリーはわかってましたが、コテコテのラブストーリーなので、途中で観ていてちょっと気恥ずかしかったです(笑)

プレビュー公演ですから、本公演までに直すところがあるかと思います。
私もああしたほうが良いなぁ、と考えた箇所がありました。
映画版とはちょっと違います。

いわゆる不倫の話なので、美しい話ね、と簡単には語れない気がしますが、美しい話です(笑)

でも不倫であろうがなかろうが、恋愛をしている当人同士には、2人の世界はキラキラ輝く世界なんですよね。

来週からシアタークリエで本公演があり、私は3/4の貸切公演にまた行きますので、細かい感想はそのあとで書こうと思います。

追記です!
B9566B8C-6F58-4061-AA93-EDFBC6E8DDBC.jpeg
本日解禁、
待望の「レベッカ」再演決定!!
嬉しすぎます!
キャストは山口祐一郎さまのみ発表。
あとは誰なんでしょう?
名コンビの涼風真世さんがダンヴァース夫人だったら良いのですが。




nice!(21) 

加藤ラドゥー「マタハリ」2/4マチネ [ミュージカル]

久しぶりの観劇です。
CCA853EE-189B-4BA4-AEC7-3A87228C310B.jpeg
「マタハリ」!
実は来週のアフタートーク日のチケットを持っていたのですが都合が悪くなってしまったため、本日のチケットとチケット交換サイトで交換していただけまして。
今日は加藤ラドゥー、東アルマンです。
0572B842-A511-403F-9F71-D05AC06E5E5D.jpeg
パンフ買いました。
グッズも買おうか迷いました。
44265C2E-050A-4A3C-A643-BE7F8A4C6B5C.jpeg
アロマキャンドルには惹かれたのですが、、、。
7ABB4E89-205D-49AF-B6DE-51F6C1DC1D4A.jpeg
オープニング。
柚希礼音さんのしなやかな脚がお顔の横にスッと上がってきて。
ガリガリギスギスの身体ではなく、綺麗なくびれ、美しい腹筋、背中、、。
マタハリの柚希礼音さんに目と心を奪われました。
この役にぴったりだと思います。
加藤ラドゥーはとにかくカッコいい!
軍服似合いすぎです。
ちょっと屈折した愛に悩み使命に苦しむラドゥー。
加藤和樹さんはラドゥーとアルマンの二役なので、まずはラドゥーで観たいと思ってました。
東くんのアルマンを観たら、加藤アルマンはどんな感じになるのか観たくなりました、ラドゥーはシュガーこと佐藤くんだし。歌うまシュガーのラドゥー、気になります。
今からチケット取れるかしら。
BE16AFA8-1D09-46A8-B6B4-E952580F5B12.jpeg
ちょっと気になったところ2つ。
アクションシーンがショボい(すみません、、、
実際打てとは言いませんが、ものすごく離れたところでパンチされて、距離だけでなく動きもやや間が空いて「うう、、!」とリアクションするのが可笑しかったです。
コントか。
そしてもう一つ日の出をみる場面!
マタハリとアルマンが美しい日の出を一緒にみて心が通う美しい場面、、、なのですが、まさかの半円おひさま登場σ(^_^;)
お子ちゃまの学芸会の小道具じゃないんだから、、、
光を表せばあれ、いらないと思います。陳腐すぎます。

88A9337B-A372-4DD1-A779-A1F7E276AEB9.jpeg
加藤和樹くんは楽しみな俳優さんです。
「タイタニック」も観に行こうかな。
あ、もちろん「1789」は行きます。
チケット取りました。
「1789」も楽しみです。


nice!(21) 
共通テーマ:演劇

「TENTHニューブレイン」初日1/14マチネ [ミュージカル]

再びシアタークリエ「TENTH」へ。
D21D6F8B-EB19-4ED8-896A-F85B4EC413E7.jpeg
ずっと工事中だった東京宝塚劇場の隣、ミッドタウンなんですね。
ミッドタウン日比谷。
楽しみです。
0274CF02-F199-4997-A700-5E70494170FC.jpeg
今日はTENTHニューブレイン初日です。
662C8E02-B07E-47FC-BB12-E12D3A27EC74.jpeg
エントランスのクリエちゃんにサインが増えてました。
04A45622-CCEA-4C12-9B9C-C9E0DFA0EEFB.jpeg
こっちはスヌーピー
39FB7CF5-5C05-485A-88CE-9161F004EB69.jpeg
こっちはRENT
51FC8DC0-ED9D-4C2D-AE84-A338927456BC.jpeg
この写真を撮るのは近すぎても遠すぎても撮りにくく、でも他の人もいるので程よい距離に下がって撮影できないんです、、、
まぁ、しかたないですけど。
B9A98878-70D7-47C3-8E48-417DDC60C832.jpeg
ニューブレイン。
コメディなので、前回のネクストトゥノーマルよりはリラックスして観れました。
石丸さんが彼氏に甘える仕草なんか可愛いかったです。(笑)。
さりげなくジキルとハイドの宣伝もしてました。

イエスかノーか迷ったら
イエスにしよう、
明るい選択だから〜、というような歌詞があり、これが印象深かったです。

2部は石丸幹二さん新妻聖子さん田代万里生さん藤岡正明さん伊礼彼方さん、の5人でした。
9FFD0EAE-B04E-443D-B5C8-309F1316FB62.jpeg
前回公演2部で、岡田浩暉さんと武田真治さんが兄弟役で「ブラッドブラザーズ」から「長い長い日曜日」他2曲歌いましたが、同じ曲を、ダブルキャストだった田代万里生くんと藤岡正明くんが歌いました。
どっちもそれぞれ良かったです。が、曲を少し変えても良かったのでは?と感じました。
ブラッドブラザーズには力を入れてるのかしら、再演するのかしら?と色々考えちゃいました。

そういえば、石丸幹二さんが出演される「シークレットガーデン」、ビジュアル公開されましたね。
26B016EC-6E90-446A-A50A-DB9049ACA1B7.jpeg
花總まりさん素敵です!
2046C776-647D-4C19-AFC2-E4E7AE166FBA.jpeg
子供のときに読んだ「秘密の花園」。
どんなミュージカルになるのかたいへん楽しみです。


nice!(23) 
共通テーマ:演劇

ジャージーボーイズ・イン・コンサート [ミュージカル]

先日の「TENTH」でまたジャージーボーイズ熱が上がってきて
E8FF251D-BC85-4EE7-A6BB-A8A97D4128A2.jpeg
AmazonでDVD購入しました。
なんと927円!
お買い得すぎです。
9月のシアタークリエ再演が待ち遠しいですが、その前に東急シアターオーブでコンサートがあります。
A31E16E6-6439-4640-B8F1-BB4EC490BED2.jpeg
ジャージーボーイズ・イン・コンサート!
本日チケットセディナとNICOSチケットでチケット発売開始となり、明日はエポスチケットで発売開始となります。
たった2日間のコンサート、できれば2日間マチソワ行きたいところですが初日の5/12は1789の千秋楽公演があり、重なってしまいました。
なので私は5/13に行く予定です。
いま帝国劇場5月〜公演「モーツァルト!」のチケットを数回申し込んで購入していまして、もちろん抽選に当選したら嬉しいのですが当選したらしたらでどんどん出費が続き(汗)年が明けたばかりだというのに今年の半ばまでのチケットを先行予約して、チケット貧乏状態です、、、(^◇^;)
でも、順調にチケットとれていることに感謝しなくては!

ところで、映画版「ジャージーボーイズ」って監督がクリントイーストウッドなんですね、DVD購入して初めて知りました。
けっこう泣けます。

Amazonでの評価も高いですね。
nice!(17) 
共通テーマ:演劇

観劇始め「TENTH」1/6マチネ [ミュージカル]

2018My観劇始めは
B6F0CADC-3863-460A-8870-551B25D8651B.jpeg
TENTH!
6C27AF3D-45AE-4E27-917F-DFE12070E0CE.jpeg
1/6マチネ。満員御礼です。
78625D1E-716D-4765-81D1-45F3758210F2.jpeg
第1部は
「ネクストトウノーマル」。
2013年シアタークリエ初演版をリステージした、ダイジェスト版です。
双極性障害に苦しむ女性を安蘭けいさんが演じました。まだ上演中ですので内容は書きませんが、私は全く予備知識なく観て、ずーん、と重く胸に響きました。作品としては素晴らしいのだと思いますが、10周年記念の、新年早々の公演は、もう少し明るいと良かったかなぁ、と(^◇^;)
E8FCE98F-7831-4340-B0E2-0AA6A2F4A2AA.jpeg
そうそう、以前観劇マナーについて書いたことがありましたが、
今日はまだ3日目なのに既に観劇したというリピーターさんが後ろの席にいて、お連れの方に説明している話がまる聞こえなんですよ。
これから観るこちらとしては、聴きたくないのに、内容についてペラペラ喋る喋る、、、
これ、すごーく迷惑ですよね。
連れの方以外にも話は聞こえているんです、内容について話をするのは気をつけてくださいね、リピーターさん。

さて。
2部は
ジャージーボーイズから!
EC17FA3B-C86B-4703-9450-D8E6A0466388.jpeg
初演版メンバーの中川晃教さん海宝直人さんと、再演版メンバーの伊礼彼方さんとSpiさん。もう息が合ってました。早く観たいジャージーボーイズ!
ブラッドブラザーズ、ウエディングシンガー、、、懐かしいナンバーを聴き。
楽しくて中身の濃いコンサートでした。

シアタークリエ10年の歴史の中で
1A886E5B-0DCA-4A51-BE54-FF11960E36E7.jpeg
これ見つけました、レベッカ!
再演してほしいです。
7F499146-A303-4AE2-A308-121F9A543960.jpeg
また1/14に「TENTH」観に行きます。
素敵な観劇始めになりました。



nice!(17) 
共通テーマ:演劇

「屋根の上のバイオリン弾き」今年の観劇おさめ [ミュージカル]

FDBA8B81-2ADE-4973-9EC9-EE4BB581F54D.jpeg
再び、市村パパに会いに。
5EFCCE4F-465B-4E40-931F-E505D8E61336.jpeg
「屋根の上のヴァイオリン弾き」12/22マチネ
B795417C-2E80-4E89-B99D-F778B47F8F42.jpeg
既に一度観ていますから、冒頭の娘たちの明るい歌を聴いて、その後のそれぞれのドラマを思い出し、涙が出てきました。
そうです、場面場面で都度泣きました。楽しい場面も泣けてきました(笑)
FD6AB116-8541-4944-B224-AC89C75D56FD.jpeg
今回も良い席で、かなり真近で市村パパを見れました(*^^*)
それに、ラッキーなことに、今回もアフタートークがあり、
6C23C671-F602-4C84-8015-5DE495E0E4C9.jpeg
市村パパと鳳ママのアフタートークでした!
司会はマージ、この公演の振付を担当した真島茂樹さんでした。
真島さん、一生懸命頑張って司会をしてくださってましたが、進行や返しがうまくなくて(すみません、、)市村パパと鳳ママの魅力あるトークがいまいち引き出せなかったように思います。
次回の「ラカージュオフォール」の宣伝をさらっとして司会を終えたので、ああそうか宣伝のために来たのね、と納得しました。
FAD81A5E-7986-4722-B16F-276E0BE0A29F.jpeg
これで今年の観劇は終わりです。
素晴らしい「観劇おさめ」になりました。
来年も素晴らしい公演に出会えますように。

nice!(18) 
共通テーマ:演劇

「FNS歌謡祭」のミュージカル特集の素晴らしさ! [ミュージカル]

FNS歌謡祭。
いつもは全く関心ない番組なんですが(汗)昨夜はテレビの前に早くから座って観ました。
80D2B32C-97A2-46DF-88F7-898067DA177F.jpeg
ミュージカル特集!
顔触れの豪華なこと、
石丸幹二さん井上芳雄さん山崎育三郎さん新妻聖子さん知念里奈さん昆夏美さん生田絵梨花さん。
オープニングは石丸幹二さんと知念里奈さんがCatsの「メモリー」を(*^^*)
この2人の組み合わせ、新鮮でした。 石丸幹二さんが来年再演のジキルとハイドより「時が来た」を熱唱。
そして井上芳雄さん山崎育三郎さん昆夏美さん生田絵梨花さんがミス・サイゴン「世界が終わる夜のように」。この歌大好きです。
続けて来年公演予定のモーツァルト!から「愛していれば分かり合える」を、モーツァルト役を演じた井上芳雄さんと来年も演じる山崎育三郎さん、そしてまた来年妻役を演じる生田絵梨花さんと、昆夏美さん。
このあたりでもう私は大興奮してました(笑)
レミゼラブルから、知念さんが「オンマイオウン」.、新妻聖子さんが「夢やぶれて」を2人でそれぞれかぶせながら歌うのは圧巻で、
ラストは全員でレミゼラブルの「民衆の歌」!
凄い、鳥肌ものの、FNS歌謡祭には思えない歌唱クオリティ(すみません、、、FNS歌謡祭さん)。
さりげなく井上芳雄さんと知念里奈さんが離れていても並んで歌う姿を見れたのも興奮ものでした。
ミュージカルの楽曲もみなさんの歌唱も素晴らしくて、
これからもどんどんテレビでミュージカル特集をしてほしいと切に思いました。
ミュージカルに馴染みのない方にも素晴らしさが伝わったと思っています。





nice!(13) 
共通テーマ:演劇

「屋根の上のヴァイオリン弾き」12/10マチネ [ミュージカル]

今度は日生劇場
176E84B9-5675-410D-8163-B1EDE9E69237.jpeg
「屋根の上のヴァイオリン弾き」観劇。
DF13EB28-31E6-4DA5-9619-73D5E426CE6E.jpeg
イープラス貸切公演でした。
CDCEA65C-7352-4395-BA6A-6423C9FD7B34.jpeg
終演後のご挨拶の他に、トークショーもありました。
027EB5AA-4BBF-4046-ADD7-06240C221C0B.jpeg
鳳蘭ママ、実咲凜音さん神田沙也加さん唯月ふうかさんの娘たちの、和やかで楽しいトークショーでした。
鳳蘭ママ
「私がこの娘たちくらいのときはこんなに可愛くなかったわ、だって

宝塚でオッさんやってたから!」
これには会場大爆笑でした。
宝塚でオッさんって、、、(笑)
鳳蘭さんでないと言えませんよねー
鳳蘭ママノリにのっていて
「私はこの美貌が邪魔をして吉本入れなかったのよー」
と言って、沙也加ちゃんが笑い転げてました。
沙也加ちゃんは挨拶でもトークショーでの返しも手馴れてきていて、ユーモアまじえながら上手でした。
実咲凜音さんはやや緊張しているように見えましたが、静かに真面目に返していて、そんな姿に好感もてました。ついこの間(でもないですが)東京宝塚劇場で「王妃の館」で観た実咲凜音さんが日生劇場の舞台に立っていたことに最初は不思議な感じがしましたが、しっかり者の長女をひたむきに演じる姿に、すぐに馴染みました。
素晴らしかったです。
820FB72E-4DD0-4C95-B9BE-A627680CB93F.jpeg
家族の明るい笑顔、周囲の人々とのかかわり、娘たちそれぞれの旅立ち、親子の葛藤、夫婦の絆、、、
色々な場面に笑いあり涙あり、の、素晴らしい舞台でした。
A051AF50-1562-481A-8999-9415885C6B12.jpeg
大感動して興奮冷めやらず、追加チケット購入しました。
もう一度観に行きます。
年末に相応しい、深く心に沁みる舞台です。


nice!(14) 
共通テーマ:演劇

「スカーレットピンパーネル」12/1ソワレ [ミュージカル]

赤坂ACTシアターにて
448FA795-D271-48C7-A694-F1801AC6D304.jpeg
「スカーレットピンパーネル」観劇してまいりました。
宝塚版も大好きですが、こちらも大好きです。
前回とキャストが少し変わったものの、軽快痛快愉快の三拍子揃ったピンパーネル団にまた会えました!
CCBF32F7-2118-410F-A810-F5FD4B94CAA7.jpeg
1幕目90分とはなかなか長いですが、長さを全く感じません。
テンポよくお話がすすみ、あっという間に1幕終了。
そして2幕目オープニングでは
上原理生くんが重々しくロベスピエールの歌を歌い、場面がパーティ場面にサッと変わり、二役のプリンス・オブ・ウェールズに早変わり!
これも違った意味で軽快痛快愉快でした(笑)
上原理生くん、重厚な歌も軽快な歌も素晴らしく、流石です。
00DB1373-2E9A-494D-BD40-ED7011E262AB.jpeg
石丸幹二さんのパーシー、マルグリッドの安蘭けいさんも素晴らしかったですが、役どころも個人的に好きなショーヴランの石井一孝さん、冷酷さのなかに人間味も垣間見れて、愛すべき悪役でした。歌も素晴らしかったです。
悪役似合いますよね、目力すごい(笑)

A3075A5D-81D2-4406-B7B9-45EA5CE01554.jpeg
赤坂の街はクリスマスイルミネーションで美しく
FD821805-DB9B-42E0-910F-70D4F840249E.jpeg
観劇の余韻に浸りながらイルミネーションにも酔いしれました。
今年もあと1ヶ月をきりましたねぇ。


nice!(21) 
共通テーマ:演劇

「レディベス」前楽11/17ソワレ [ミュージカル]

クリスマスイルミネーションが美しい時期になりました。
2FB1C9C2-8D94-480F-AA8A-B05655A2A6B0.jpeg
仕事帰りに帝劇に駆けつけ、東京前楽公演「レディベス」観劇してまいりました。
28E05140-E841-4CC7-B787-84D62D8AAE68.jpeg
マイ楽でもありました。名残惜しかったです。
DAEC47DE-B89D-4DB9-8B58-3F0C6314681D.jpeg
ダブルキャストの花總さん山崎さん未来さん平方さんの楽公演でもありました。
E列センターブロック、たいへん見やすく、やや下手寄りなのでアスカム先生をガン見しやすかったです。

花總さんベスは、今まで観たなかで最高に可愛くて美しくて素晴らしかったです。
ロビンと別れるシーン、今回は感情移入出来て涙が出ました。
ビッグな方であっても、更に進化されているのだなと感じました。

カテコでは、最後に平方フェリペが未来メアリーをエスコートして現れ、仲良く手を繋いでニコニコの未来メアリー、可愛かったです。

そう、ベスだけではなく皆宿命を背負って生まれたのです。
メアリーも力強く生きました。
お芝居としては主役ベスの敵役のようなポジションになり、意地悪で冷酷な面を強調されていましたが、実際はメアリーもベスの母アンブーリンにかなり酷い扱いをされた時期もありました。
アンブーリンって、無実の罪で死刑にされた清らかな母、という役どころになってましたが本当はかなりの計算高いしたたかな女性のはず。ですがそうするとドロドロの昼メロみたいになっちゃいますからね、、σ(^_^;)しかたないですよね、和音美桜さんの美しい佇まいと歌声は、まさに聖女でした。見惚れちゃいますねー。

どのキャストも素晴らしく、名残惜しいです。またいつか再演しますことを祈ります(*^o^*)




nice!(13) 
共通テーマ:演劇
前の10件 | 次の10件 ミュージカル ブログトップ