So-net無料ブログ作成
ミュージカル ブログトップ
前の10件 | -

「FNS歌謡祭」のミュージカル特集の素晴らしさ! [ミュージカル]

FNS歌謡祭。
いつもは全く関心ない番組なんですが(汗)昨夜はテレビの前に早くから座って観ました。
80D2B32C-97A2-46DF-88F7-898067DA177F.jpeg
ミュージカル特集!
顔触れの豪華なこと、
石丸幹二さん井上芳雄さん山崎育三郎さん新妻聖子さん知念里奈さん昆夏美さん生田絵梨花さん。
オープニングは石丸幹二さんと知念里奈さんがCatsの「メモリー」を(*^^*)
この2人の組み合わせ、新鮮でした。 石丸幹二さんが来年再演のジキルとハイドより「時が来た」を熱唱。
そして井上芳雄さん山崎育三郎さん昆夏美さん生田絵梨花さんがミス・サイゴン「世界が終わる夜のように」。この歌大好きです。
続けて来年公演予定のモーツァルト!から「愛していれば分かり合える」を、モーツァルト役を演じた井上芳雄さんと来年も演じる山崎育三郎さん、そしてまた来年妻役を演じる生田絵梨花さんと、昆夏美さん。
このあたりでもう私は大興奮してました(笑)
レミゼラブルから、知念さんが「オンマイオウン」.、新妻聖子さんが「夢やぶれて」を2人でそれぞれかぶせながら歌うのは圧巻で、
ラストは全員でレミゼラブルの「民衆の歌」!
凄い、鳥肌ものの、FNS歌謡祭には思えない歌唱クオリティ(すみません、、、FNS歌謡祭さん)。
さりげなく井上芳雄さんと知念里奈さんが離れていても並んで歌う姿を見れたのも興奮ものでした。
ミュージカルの楽曲もみなさんの歌唱も素晴らしくて、
これからもどんどんテレビでミュージカル特集をしてほしいと切に思いました。
ミュージカルに馴染みのない方にも素晴らしさが伝わったと思っています。





nice!(13) 
共通テーマ:演劇

「屋根の上のヴァイオリン弾き」12/10マチネ [ミュージカル]

今度は日生劇場
176E84B9-5675-410D-8163-B1EDE9E69237.jpeg
「屋根の上のヴァイオリン弾き」観劇。
DF13EB28-31E6-4DA5-9619-73D5E426CE6E.jpeg
イープラス貸切公演でした。
CDCEA65C-7352-4395-BA6A-6423C9FD7B34.jpeg
終演後のご挨拶の他に、トークショーもありました。
027EB5AA-4BBF-4046-ADD7-06240C221C0B.jpeg
鳳蘭ママ、実咲凜音さん神田沙也加さん唯月ふうかさんの娘たちの、和やかで楽しいトークショーでした。
鳳蘭ママ
「私がこの娘たちくらいのときはこんなに可愛くなかったわ、だって

宝塚でオッさんやってたから!」
これには会場大爆笑でした。
宝塚でオッさんって、、、(笑)
鳳蘭さんでないと言えませんよねー
鳳蘭ママノリにのっていて
「私はこの美貌が邪魔をして吉本入れなかったのよー」
と言って、沙也加ちゃんが笑い転げてました。
沙也加ちゃんは挨拶でもトークショーでの返しも手馴れてきていて、ユーモアまじえながら上手でした。
実咲凜音さんはやや緊張しているように見えましたが、静かに真面目に返していて、そんな姿に好感もてました。ついこの間(でもないですが)東京宝塚劇場で「王妃の館」で観た実咲凜音さんが日生劇場の舞台に立っていたことに最初は不思議な感じがしましたが、しっかり者の長女をひたむきに演じる姿に、すぐに馴染みました。
素晴らしかったです。
820FB72E-4DD0-4C95-B9BE-A627680CB93F.jpeg
家族の明るい笑顔、周囲の人々とのかかわり、娘たちそれぞれの旅立ち、親子の葛藤、夫婦の絆、、、
色々な場面に笑いあり涙あり、の、素晴らしい舞台でした。
A051AF50-1562-481A-8999-9415885C6B12.jpeg
大感動して興奮冷めやらず、追加チケット購入しました。
もう一度観に行きます。
年末に相応しい、深く心に沁みる舞台です。


nice!(14) 
共通テーマ:演劇

「スカーレットピンパーネル」12/1ソワレ [ミュージカル]

赤坂ACTシアターにて
448FA795-D271-48C7-A694-F1801AC6D304.jpeg
「スカーレットピンパーネル」観劇してまいりました。
宝塚版も大好きですが、こちらも大好きです。
前回とキャストが少し変わったものの、軽快痛快愉快の三拍子揃ったピンパーネル団にまた会えました!
CCBF32F7-2118-410F-A810-F5FD4B94CAA7.jpeg
1幕目90分とはなかなか長いですが、長さを全く感じません。
テンポよくお話がすすみ、あっという間に1幕終了。
そして2幕目オープニングでは
上原理生くんが重々しくロベスピエールの歌を歌い、場面がパーティ場面にサッと変わり、二役のプリンス・オブ・ウェールズに早変わり!
これも違った意味で軽快痛快愉快でした(笑)
上原理生くん、重厚な歌も軽快な歌も素晴らしく、流石です。
00DB1373-2E9A-494D-BD40-ED7011E262AB.jpeg
石丸幹二さんのパーシー、マルグリッドの安蘭けいさんも素晴らしかったですが、役どころも個人的に好きなショーヴランの石井一孝さん、冷酷さのなかに人間味も垣間見れて、愛すべき悪役でした。歌も素晴らしかったです。
悪役似合いますよね、目力すごい(笑)

A3075A5D-81D2-4406-B7B9-45EA5CE01554.jpeg
赤坂の街はクリスマスイルミネーションで美しく
FD821805-DB9B-42E0-910F-70D4F840249E.jpeg
観劇の余韻に浸りながらイルミネーションにも酔いしれました。
今年もあと1ヶ月をきりましたねぇ。


nice!(21) 
共通テーマ:演劇

「レディベス」前楽11/17ソワレ [ミュージカル]

クリスマスイルミネーションが美しい時期になりました。
2FB1C9C2-8D94-480F-AA8A-B05655A2A6B0.jpeg
仕事帰りに帝劇に駆けつけ、東京前楽公演「レディベス」観劇してまいりました。
28E05140-E841-4CC7-B787-84D62D8AAE68.jpeg
マイ楽でもありました。名残惜しかったです。
DAEC47DE-B89D-4DB9-8B58-3F0C6314681D.jpeg
ダブルキャストの花總さん山崎さん未来さん平方さんの楽公演でもありました。
E列センターブロック、たいへん見やすく、やや下手寄りなのでアスカム先生をガン見しやすかったです。

花總さんベスは、今まで観たなかで最高に可愛くて美しくて素晴らしかったです。
ロビンと別れるシーン、今回は感情移入出来て涙が出ました。
ビッグな方であっても、更に進化されているのだなと感じました。

カテコでは、最後に平方フェリペが未来メアリーをエスコートして現れ、仲良く手を繋いでニコニコの未来メアリー、可愛かったです。

そう、ベスだけではなく皆宿命を背負って生まれたのです。
メアリーも力強く生きました。
お芝居としては主役ベスの敵役のようなポジションになり、意地悪で冷酷な面を強調されていましたが、実際はメアリーもベスの母アンブーリンにかなり酷い扱いをされた時期もありました。
アンブーリンって、無実の罪で死刑にされた清らかな母、という役どころになってましたが本当はかなりの計算高いしたたかな女性のはず。ですがそうするとドロドロの昼メロみたいになっちゃいますからね、、σ(^_^;)しかたないですよね、和音美桜さんの美しい佇まいと歌声は、まさに聖女でした。見惚れちゃいますねー。

どのキャストも素晴らしく、名残惜しいです。またいつか再演しますことを祈ります(*^o^*)




nice!(13) 
共通テーマ:演劇

「レディベス」11/6マチネ [ミュージカル]

レディベス3回目。
10F76A74-9E78-4AB6-BA5B-8D92807CAA19.jpeg
今期初の平野ベス、吉沢メアリーでした。
BB3DEE0B-7FC4-442D-91D9-F160B2BD3589.jpeg
平野ベスは、花總ベスとはまた違ったベスで、しかも吉沢メアリーとのコンビがベストなので、今回は、また違うベスの物語として楽しめました。
花總ベスがたおやかで女性らしいベスだとしたら、平野ベスは少年のような野生的?なベス。
そんなベスが、ロビンと出会い恋をすることにより、少年から少女になり、そして我が身の宿命を受け入れて大人の女性になる。
というストーリーに自然に流れていき、花總ベスでは違和感覚えたベスとロビンとのラブストーリーも、自然に受け入れられたのでした。
そういう意味では、平野ベスのほうが、ストーリーにマッチしたベスなのかもしれません。
花總さんは花總さんとしてどうしても最初から高貴で素敵な女性に見えてしまい、男装して酒場で暴れるシーンですら高貴さが隠せず(笑)、、でもしかたないですよね、それは。

吉沢メアリーが、高圧的でも野蛮さはないメアリーで、気位の高さも出ているので、2人のやりとりで、ベスとメアリーの良い対比がみられます。

平野綾さん、どんどん進化してますね。たいへん楽しみです。

nice!(17) 
共通テーマ:演劇

「ダディロングレッグズ」11/2マチネ [ミュージカル]

たいへん楽しみにしていた
83E4C780-28E1-422E-B7D4-C79EAB61347E.jpeg
ダディロングレッグズ!
本日2日目です。
シアタークリエ10周年を迎える最初の公演だとかで、昨日の初日には記念品が配られたようです。
今日のチケットは当日窓口引き換えで、いただいたチケットが
36462832-6F6D-494D-A38C-EBDB770CF23C.jpeg
10周年記念バージョンのチケットケースに入っていました。
地下の壁面にも10年間の歴史が。
91ED8B14-74E2-4BF6-8974-AE1035A48CD0.jpeg
懐かしい作品の数々。
1AB54FA0-CCA2-4D40-9809-88EF45FA75B3.jpeg65E63139-5B8D-42D1-B304-5D3A3BEDC9A4.jpeg
「足長おじさん」は子供の頃好きだった本です。
それが井上芳雄さんと坂本真綾さんの2人だけの、シンプルで、あたたかいミュージカル作品になっていました。
ジルーシャの手紙の言葉を坂本真綾さんが心情豊かに語り、歌い、そして受け手の井上芳雄さんも、ジャービスの心の変化をのせながら語り、歌う。
A67990D7-F343-4710-BAC7-D223FC89B3F1.jpeg
笑えて、ほろっとして。
このお二人だからこその素晴らしいミュージカルでした。
ストーリー知っていてもハラハラドキドキして、最後は泣いちゃいました。
55CE58E7-2231-47A6-A0A8-7CE2304C6B42.jpeg
チケット完売しちゃってますがもう一回観たいです。

あ、カーテンコールは2人だけだから、行ったり来たりでかなり忙しそうでした。
「まだ2日目でカーテンコールのやり方が定まってないので今日会議します」と井上芳雄さんが言ってました(^。^)

nice!(20) 
共通テーマ:演劇

「レディベス」おけぴ観劇会10/16ソワレ [ミュージカル]

「レディベス」2回目観劇してきました。おけぴ観劇会10/16ソワレです。
88747E3B-3482-4C3A-BB8E-DB7E4ADC8CAB.jpeg
黄色いノボリと、いつもの相関図が。
今回はルクサ・KDDIとの合同貸切だったようです。
D71B7E96-8F63-4D2B-B932-2E0077497C76.jpeg
山口アスカムフィギュアは随分前に品切れ、涼風キャットフィギュアも品切れになっていました。
さすがです、お二方。
9A119BF2-A8AE-4F0B-B50D-374F718CB3A7.jpeg
前回と違うのはフェリペ王子。
古川フェリペでした。
6CB814AD-8A75-4DFA-8EFE-1960394A2A7D.jpeg
そういえば古川フェリペフィギュアも、もう少しで無くなりそうでした。
今回は前から2列目、B列で、真近で古川フェリペを見ましたが、お人形さんのような美しさ!
半裸の登場シーンは眩しすぎました(笑)
2回目でようやく、歌詞等変わったところがわかってきました。
AF6FE2F5-8061-45C8-81E4-062731685E34.jpeg
個人的な感想として。
ロビンとベスのデュエットからのベス歌唱。ちょっと平坦で長く、ソワレだと睡魔が、、、(すみません。

2人のラブストーリーが中心なのかもしれませんが、私はどうしてもロビンの「心のままに書く詩人で、道化が得意な役者で〜」という人物設定が胡散臭くて(^◇^;)最初からベスとの恋は叶わないよね?と突っ込んでしまいます。
聡明なベスはロビンの何に惹かれたのか?自由なところ?彼自身の魅力は?と深く考えると、
うーん、、、、わかりません。
もう少し違うキャラにならなかったのかな、と再演のいまごろ思ってしまうのでした。

カーテンコールでは花總ベス&山崎ロビンから挨拶が。
2人とも美しくて、そういう意味ではお似合いなんですけど、悲劇の恋の2人には見えず、、、それはどうしてなんでしょうか、次回、3回目観劇時に考えてみます。

あ、次回は平野ベスでした。

nice!(13) 
共通テーマ:演劇

豪華な顔触れ「TENTH」 [ミュージカル]

シアタークリエ10周年記念公演
「TENTH」
C5610565-0F9D-4B38-86F5-002B0EC1E2CC.jpeg
二部構成になっていて、一部は週替わりでブロードウェイ発のミュージカル、二部に10周年記念ガラコンサートが行われます。
顔触れがたいへん豪華で
一部は
「ネクスト・トゥ・ノーマル」は
安蘭けいさん中川晃教さん海宝直人さん他
9D727A8F-80D7-42E6-9B9B-5D192D2CFC7F.jpeg
「ニュー・ブレイン」は石丸幹二さん、樹里咲穂さん、伊礼彼方さん他
30BE7A25-8BD9-4F63-9F23-00A4C935F82C.jpeg
「この森で、天使はバスを降りた」は
平方元基さん、坂本真綾さん、剣幸さん他
二部はキャスト表が細かく設定されており、1日や2日しか出演しない方もいらっしゃるから、ファンの方はピンポイントでチケット申し込みしなくてはなりません。

私は出演者ファンクラブ先行で、プレミアムチケットといわれている初日の1月4日のチケットの抽選に当選しました( ´∀`)
一部のミュージカルを3種類全部観たいので、各期間に1回ずつは行く予定です。
たいへん記念すべき公演だと思いますので、楽しみです。

nice!(12) 
共通テーマ:演劇

「レディベス」初日10/8ソワレ [ミュージカル]

待ちに待った
7663CFD6-7BFD-44D5-A5BE-16827D42D7F9.jpeg
「レディベス」!
E9A648BF-531E-470D-965B-726B8355B34C.jpeg
初日です。
2F5DFF37-EE20-4808-B616-33397BF96D79.jpeg
10/8ソワレ。
925BB711-3AC1-430B-A1D9-A77E027648D7.jpeg
ベスは花總まりさん
ロビンは山崎育三郎さん
メアリーは未来優希さん
そして
フェリペは平方元基さんです

初演版ではアスカム先生もダブルキャストで、山口祐一郎さんと石丸幹二さんでしたが
C4238D3C-F5FC-461A-8305-D272BF40E78D.jpeg
今年度は山口祐一郎さんのみです。
お髭が素敵(o^^o)
AA46BB42-550C-4144-B640-03B738ED14BC.jpeg
13日まで配られる開演記念の特製バッジは吉野圭吾ルナールでした!嬉しい
85849328-C852-499E-9920-F71E33C6FD72.jpeg
シモン・ルナールの肩のイタチ?キツネ?は今年度も妖しく目が光ってました(笑)
4E3AB2D8-B112-46B5-B16F-2B47997793AC.jpeg
新演出で変わったところがあります。
76BFBFC1-0298-49B4-9605-9C4F3233C1C3.jpeg
2幕目がテンポよく感じたのは新演出ゆえでしょうか?
97A7A857-FC5B-4515-99A7-997F1C699FDA.jpeg
シークレットチャームはキャット。
涼風真世さんの衣装ですね、綺麗です。オトナ買いしている方がたくさんいました。
0687F8F9-9714-4584-8F62-F262D2C8C7D5.jpeg
アスカム先生フィギュア。
飾るのもったいない(笑)
次回はベス買おうかしら。
120CEF4F-382F-4CE6-8367-C9DB9C568F26.jpeg
今月はあと1回、来月も2回観ます。
次回も楽しみ!


開幕したばかりですので内容については今回は書きません。次回以降書いていきます[わーい(嬉しい顔)]
nice!(15) 
共通テーマ:演劇

「マリー・アントワネット」再演決定! [ミュージカル]

待ちに待った再演決定!
7869BB4B-4657-4F79-87B7-F31AAC02910E.jpeg
「マリー・アントワネット」。
主演は花總まりさんと笹本玲奈さんのダブルキャスト。
花總まりさんは「1789」でのマリーアントワネットもとても素敵でした。来年の「1789」再演ではご出演でなかったので残念に思っていたところにこのニュース、嬉しいです(*^o^*)
マルグリット役だった笹本玲奈さんがマリー・アントワネットに!
どんなアントワネットになるのかたいへん楽しみです。
マルグリットはソニンさん昆夏美さんのダブルキャスト。これも安定の2名ですね。
そしてフェルゼンは田代万里生さんと古川雄大さんのダブルキャスト!
このお二人は着々とビッグになってきていますね。古川雄大さんは来年は飛躍の年になりそうです。
AAD32B7C-B046-4EAE-B262-C3FAEA2A34EE.jpeg
さて。
カリオストロはどうなんでしょう。
新演出でなくなるのか、あるいはこれから発表なのか。。。
これも気になります。

ちょうど一年後ですね、早くも待ち遠しい公演です(笑)


nice!(15) 
共通テーマ:演劇
前の10件 | - ミュージカル ブログトップ